Emotion Code Q&A

◆エモーションコードってどんなヒーリングですか?
Emotion Code Book

エモーションコード(Emotion Code)は、アメリカのホリスティック医師、Dr. Bradley Nelsonにより考案された、ユニークで革新的なエネルギーヒーリング。ボディーコード(Body Code)の一部です。

過去に起こったネガティブな出来事に起因する有害なエネルギー、感じ切らないまま肉体やエネルギー体、チャクラ等に“囚われてしまった感情 (トラップト・エモーション: Trapped Emotion)” が、「どのような感情であるのか」を筋力テストで特定、識別し、マグネットを使って解放する方法です。

 

【こんな方におススメ】

・ 恋愛関係、家族関係等の人間関係をより円滑にしたい方

・ ソウルメイトに出会いたい方

・ 望む仕事に就きたい方

・ 肉体的な痛みや病気、事故等の後遺症に悩んでいる方

・ ネガティブなパターンをリリースしたい方

・ ハートが導く人生を歩みたい方

・ ストレスから解放されたい方

 

*ボディーコードについては、こちらをご覧ください。


◆エモーションコードとボディーコードの違いは何ですか?
Body Code Mind Map 2.0
Body Code Mind Map 2.0

ボディーコード (Body Code) は、エモーションコード(Emotion Code)の根幹となるシステムです。樹木に例えるならば、ボディーコードは“樹の幹”、エモーションコードはその”枝葉”にあたります。また、感情のブロック(“囚われた感情:Trapped Emotionを特定してリリースするのがエモーションコードであるのに対して、ボディーコードは感情のブロックも含む心身の苦痛や病気、人生の行き詰まりや繰り返されるネガティブなパターン等のアンバランスの根本的な原因を、より深く、広範囲に掘り下げて特定し、修正、またはリリースします。

 

*ボディーコードについては、こちらをご覧ください。


◆囚われた感情(トラップトエモーション:Trapped Emotion)って何ですか?

囚われた感情(トラップトエモーション:Trapped Emotion)とは、肉体やエネルギー体などに閉じ込めてしまった、過去に起こったネガティブな出来事に起因する「怒り」「悲しみ」「不安」等のネガティブな感情、感じ切ることのできなかった感情のエネルギーです。

それら 囚われた感情 は、破壊的な波動を出しており、それと同調する「絶望」や「心配」等の感情的な問題を人生に引き寄せ、あなたのエネルギーを枯渇させ、人々を愛や幸せから遠ざけて疎外感を感じさせると同時に、身体の痛みや不調、病気を引き起こす可能性があります。

囚われた感情を取り除く事により、心身ともに癒されるための条件が整い、身体と感情の重荷が消えてなくなるか、あなたを悩ませる問題と容易に向き合い、解決できるようになります

◆私達はどうして“囚われた感情”を作ってしまうのでしょうか?

幼過ぎて自分が何を感じているのかが良く理解できなかったり、感情を表に出すのが恥ずかしかったり、状況を直視して受け入れるのがあまりにも痛々しい場合には、私達は感情を表現せずに抑えつけたり忘れようと無視してしまうことが多々あるのではないでしょうか。それら表現されなかったり、意識を向けなかった感情は、時間の経過と共に意識から消えていくこともあるでしょう。しかし、潜在意識にはしっかりと記録され、肉体やエネルギー体に閉じ込められた“囚われた感情”となります。

◆“ハートの壁 (ハートウォール: Heart-Wall)”って何ですか?

「心痛」という言葉があるように、感情的な苦しみや痛みを経験することによって、私達のハートは、実際に害されたり傷つけられたりすることがあります。時に、それら苦痛から自分自身を守るため、身体の中に存在する、何にも使われることのないけれど最も過剰なエネルギーを発している“囚われた感情”を使って、心臓 (ハート) のまわりに「」を創り出してしまいます。

しかし、やっかいなのは、あなたが創り出した “ハートの壁”は、たとえ不必要になったとしても、自分から姿を消してはくれないのです。

ハートの壁”を長期的に持つということは、防空壕に住んでいる状態に似ています。

短期間であれば、防空壕は「爆弾」からあなたを守ってくれますが、その中に生き続けた場合、あなたは世の中から切り離されて寂しい思いをするでしょう。また、さらに進めば、心臓病、あるいは他の心臓の病気を患うかもしれません。 “ハートの壁”は、それを創り出しているひとつ一つの感情を、エモーションコードを使いリリースすることで姿を消していきます。“ハートの壁”が消えることにより、あなたは、真の豊かさと愛を手にし、ハートから生きる喜びを感じるでしょう!

◆“囚われた感情”やアンバランスを特定する時、なぜ筋力テストを使うのですか?

筋力テストは、私たちの肉体に備わった“嘘発見器”。呼吸、脈拍、血圧など複数の生理現象を計測、記録する装置、“ポリグラフ”に似ており、身体中のアンバランスを識別する大変有益なツールです。

“ポリグラフ”では、人は敏感な電極につながれて質問に答えます。その答えが、真実であるか否かは、身体から生成される電気的応答を機械が読み取り、グラフとして示されることにより判断されます。これは、とても繊細かつ精密なプロセスです。

私たちの筋肉も同様に、この電気的な状態に影響を受けて反応します。筋肉は、あなたが、あなた自身の意志や本当の思いに反する虚偽の状態では、その力を弱めます。反対に、あなたがあなた自身に対して真実の状態にいる場合には力を強めます。

筋力テストは、自分自身に適切な質問をしさえすれば、“ポリグラフ”以上により明白に、健康に関する重要な情報にアクセスすることを可能にしてくれます。

◆“囚われた感情”をリリースしたりアンバランスを修正する時、なぜマグネットを使うんですか?
 経絡図 ※クリックで拡大表示
 経絡図 ※クリックで拡大表示

虫眼鏡が太陽の光と熱を集めて火事さえ起こせるように、マグネット(磁石)はあなたの「思い」や「意図」というエネルギーを集め、増幅させて、心身に変化をもたらす役目をします

あなたの体はエネルギーであり、私たちが持つ「意図」、及び「思い」もエネルギーです。 マグネットもエネルギーですから、互いに影響を与え合い、効果を発揮します。 エモーションコードを行い、“囚われた感情”が何かを特定した後には、それらを『手放す!』という “意図のシグナル”をマグネットで増幅させ、鍼灸治療でも重要視されるエネルギーの貯蔵所、経絡(けいらく:ツボ)を通して体内へと送り込みます。 経絡にエネルギーを注入することで、即座に体全体に流れ込み、行き渡った結果、“囚われた感情”が、リリースされます。

 

◆遠隔(Skype、メール、電話)セッションと対面セッションでは効果に違いはありますか?

結論から言うと、対面でも遠隔でも、セッションの効果に全く違いはありません

エモーションコードは、エネルギーワークです。エネルギーは、時間も空間も関係なく飛んできますので、プラクティショナーと同じ場所にいなくても、お互いが世界の裏側にいようとも、一切問題はありません。 

対面セッションの場合は、プラクティショナーと同じ空間を共有する安堵感、何をしているのかが見える安心感があるのも確かです。遠隔セッションでも、Skypeを使う場合は、ビデオ通話を使用しますので、対面と同様の視覚的安心感を感じていただけます。

 

◆エモーションコードまたボディーコードで病気を治すことはできますか? 

エモーションコードボディーコードも医療行為ではないため病気を治すことはできません。

しかし、病気の根本的な原因を取り除いた結果、肉体に本来備わる“治る力(自然治癒力、自己免疫)”が高まり、病気が自然に改善されるでしょう。

 

◆セッション後、特に注意することはありますか? 

私たちの中にある、悪性で有害なエネルギーを特定して取り除くことは、エネルギー体の“外科手術”です実際に腫瘍を取り除く手術をしたとして、術後は、外科医のアドバイスに従い、少なくとも数日間は安静にして回復を待つのではないでしょうか。エモーションコードを行った後もまったく同様です。 手放した感情を肉体がプロセスするのに、通常2、3日かかりますので、あなたのエネルギー体が自然に自らバランスを取り戻すよう、たくさんの水を飲み、健康的な食生活を心掛け、十分な休息を取ってください

セッション後、多くの方が晴れやかな気分になりますが、ごくまれに風邪や流感に似た症状や眠りのパターンの変化(通常よりも長時間寝る、頭がさえて眠れない等)を体験したり、鮮明な夢を見たり、感情の浮き沈み(通常よりも涙もろくなる、怒りっぽくなる、リリースした感情を追体験する等)を感じたりすることがあります。これは、正常なヒーリングパターンですので心配しないでください。そして、自分自身を裁かず、ゆったりとした穏やかな気持ちで過ごすようにしてください。

 

 

個人セッションのご案内
体験者の声

個人セッション予約
セッション料のお支払方法について

エモーションコードTOP
ボディーコードTOP